Top >  注文方法について

注文方法について

FXには新規注文や決済注文の方法に種類があります。
通常のマーケット注文から自動売買と言われるIFDなど、
使いこなすとかなり便利な注文が可能です。


まず最初にマーケット注文ですが、
これは成行(なりゆき)注文と言われる取引で基本的な注文です。

成行は為替の現時点のレートで注文を入れる事で、
すぐに注文が約定(確定)します。

そして次に指値注文があります。
これは為替レートが指定したレートに達した段階で約定する注文で、
利益を確定する注文やロスカット(ストップ)を入れる場合に
役に立つ注文です。

また逆指値と言われるのは、不合理注文の事。
例えば指値を入れる場合に「買い」であれば、
通常は今のレートよりも低いレートで注文しますが、
逆指値の場合は今のレートよりも高いレートで指値をいれます。

普通に考えれば、何で高い値段で買おうとするのか?となり、
合理的な注文とは言えないかも知れません。

しかし、チャート上で「このレートを上回ったら買い」など、
テクニカル的な要因で注文を入れたい場合もあります。
そういった場合に逆指値は便利な注文な訳です。


FXの自動売買には他にもIFDやIFO、OCOなどありますが、
要は指値を組み合わせた注文の事です。
新規注文から決済までをあらかじめ設定する注文なので、
朝注文を入れて外から帰って来たら決済まで完了させる事も
可能な注文方法なので自動売買と言われます。

これら売買に可能な注文方法は業者によっても
違いがあるので、確認だけはして置きましょう。

FX口座選びのポイント

関連エントリー

・注文の安定度
・注文方法について
・FX業者のリスク管理
・コスト体系について
・FXの取引単位について
・スワップによる金利
・FX業者の取引ツール
・経済の情報機能