Top >  FX業者のリスク管理

FX業者のリスク管理

FX業者の資金に対するリスク管理には

・信託保全などの保管方法
・マージンコールやロスカットルール
・資産状況の通知
・取引内容の確認メール

などなどがあります。

実際にどういう事かと言うと、FXではレバレッジによって
持っている資金の数倍〜数百倍の取引が可能です。

それによって大きな為替変動が起きた場合に、
簡単に証拠金を割り込んで、追証(追加金)が必要になり、
資産を増やすどころか借金になってしまいます。


それを防ぐ為にFX業者ではマージンコールやロスカットを
各社が自主的に設定しています。

まずマージンコールですが、簡単に言えばイエローカード。
そしてロスカットはレッドカード(退場)です。

マージンコールはFX業者によってはない場合もありますが、
証拠金の維持率がロスカットに近づくと警告しくれるもので、
証拠金を追加するなり、ポジションを決済するなりできます。

ロスカットは強制的な決済になるので、
有無を言わさずFX業者側でポジションを決済されます。


これらの機能は邪魔にも感じる事がありますが、
口座内をマイナスにしない為に必要な機能ですから、
マージンコールはないよりもある方が良いと思います。

またマージンコールやロスカットのルールはFX業者で
結構幅広くルールがあるので、取引する前に確認が必要です。

一般的にはマージンコールが証拠金の50%、
ロスカットは証拠金の20%を下回ったら実行されるパターンが
多いとは思いますが、ハイレバレッジ口座など数百倍の
レバレッジを扱う場合には証拠金を割り込む確率も高くなるので
マージンコール・ロスカット共に早めに実行されるのが傾向です。


実際にはハイレバレッジの場合、許容できるロスカット幅よりも
FX業者が設定している強制ロスカットの方が狭い場合もあり、
取引きの自由度はレバレッジに応じて低くなります。


こういったロスカットレベルを調節するには
ハイレバレッジでは幅が狭く、都合が悪いかもしれません。
バランスも考えておきましょう。

FX口座選びのポイント

関連エントリー

・注文の安定度
・注文方法について
・FX業者のリスク管理
・コスト体系について
・FXの取引単位について
・スワップによる金利
・FX業者の取引ツール
・経済の情報機能