Top >  コスト体系について

コスト体系について

FXのコスト、手数料には取引手数料とスプレッドが
ありますが、取引手数料は取引通貨数が1万通貨なら
ほとんどの場合で無料です。

問題はスプレッドですが、
この1年でスプレッド環境も大きく変化しているので、
スプレッドは1pipという低コストの業者もあります。

そして大きなポイントが固定かどうか?です。

スプレッドは相場の急変時に大きく開くのが
ある意味では一般的でしたが、スプレッド固定の場合は
こういった場合でも、よっぽどの場合を除いては
スプレッドが拡大しないようになっています。

変動のスプレッド1銭よりも固定の2銭の方が
なにかと安心ですし、実際に有利な場合もあります。

見た目のコスト「スプレッド1銭〜」よりも安定している
低スプレッドを選ぶ方が有利だと思いますよ。

後、もう一つがFX業者によるロスカット時の手数料です。

これも業者によっては手数料を儲けている場合があり、
後から気が付く事も多い点なので注意しましょう。

FX口座選びのポイント

関連エントリー

・注文の安定度
・注文方法について
・FX業者のリスク管理
・コスト体系について
・FXの取引単位について
・スワップによる金利
・FX業者の取引ツール
・経済の情報機能