Top >  利確と損切り

利確と損切り

為替レートは上昇するか下降するか分かりませんが、
自分の取引に関係なく常に変動していきます。

その場合にどこかで利益、または損を確定させる必要があります。
では、どこで判断すればよいのか?ですが、
これは何年やっていても永遠に悩むポイントでもあります。

まずFXなど個人取引を初めてする場合には、
損を確定させる事を覚える必要があります。

誰でも一円でも損はしたくないものですが、
長く利益を得るには嫌でも損を確定させる事を覚える必要があり、
少ない資金では資産の固定・塩漬けに繋がり、
効率よく運用する事が出来なくなってしまいます。


もちろん最初から利益が出るに越した事はありませんが、
それは多くの場合に無理だと思って良いと思います。
簡単に言えば、そんなに甘くはないと言う事です。

特にデイトレードで一日に何回も取引を繰り返す場合など、
損切りを繰り返して、「自分にはセンスがない・・」と感じる事も
ほとんどの方が経験する事です。

しかし、そういった多くの損切りを経験する事で、
一撃での破産を防ぎ、取引の経験値を得る事ができます。
そして繰り返す内に自分なりのスタイルが出来てくるものです。

ですから最初は出来る限りロスカットを出来るだけ狭く、
そして必ず毎回ポジションごとに設定します。

当然、狭いロスカットは頻繁に約定するので、
少ない損失とは言え積み重なって行きます。

逆説的ではありますが、その損失をカバー出来るポイントが
利益を確定するポイントにもなってきます。

例えばロスカットを−10pipsで設定した場合に
10回のロスカットでは−100pipsとなる訳ですから
10回に一回は100pips以上の利益確定が必要です。
勝率に直すと僅か10%の勝率です。

ここからは自分の取引のバランスでロスカットと利確、
そして勝率を考慮していけば良い訳です。

まずはそういった自分の取引スタイルを掴みましょう。

FX取引と管理を学ぶ

関連エントリー

・売買の判断は?
・ファンダメンタルについて
・テクニカル取引について
・センチメンタルについて
・利確と損切り
・デイトレのスタイル
・複数の通貨ペア