Top >  デイトレのスタイル

デイトレのスタイル

デイトレードと一口に言っても、スタイルには個人差があります。
一日に証拠金の数%を使って何百回も取引する方もいれば、
一日に数回のチャンスを待って大きいロット数で取引する方。

どれも自分なりの法則とスタイルを持っています。
ですが、簡単に分けると細かく利益を確定するスキャル取引と
損小利大のスタイルに分ける事が可能だと思います。


スキャルは、勝率を重視して細かい利益を積み重ねる手法で
例えば1pipの利益を100回繰り返して100pipsの利益を得る。

この場合には当然勝率も重要で、1pipを50回取っても
1回50pipsの損失があれば利益はなくなります。

そしてスキャルは細かくポジションを決済するので、
当然一日に何十回も取引を繰り返すのが普通ですが、
中には1日に数回ある確実だと思えるチャンスの場合にだけ
何百倍のレバレッジで多くのロット数を一度に注文する方もいます。


損小利大の場合は、損を小さく利益を大きく取る手法です。
基本的な取引きの手法で、勝率を抑えて大きな利益を狙います。

具体的には10pipsの損失を4回、50pipsの利益を1回で
トータル10pipsの利益を得ると言った感じです。

勝率を重視する方法も利幅を重視するのも
どちらも利益を出す点では同じ事です。

こういった手法にはなぜか相性もあります。
自分に合う方法を見つければいいだけですが、
これが難しいものなので、最初はデモだけで数ヶ月掛かる
場合もあるかもしれませんが、しっかり固まるまでは
実践しないほうが無難な場合もあります。

利益を取るスタイルをしっかりと持ちましょう。

FX取引と管理を学ぶ

関連エントリー

・売買の判断は?
・ファンダメンタルについて
・テクニカル取引について
・センチメンタルについて
・利確と損切り
・デイトレのスタイル
・複数の通貨ペア